grow with BOOKS grow with BOOKS

選書のテーマは3つ。
「美しいこと」「しぜん」「毎日のこと」。

ブックディレクターの幅允孝(はば・よしたか)さん
選書のパートナーに迎え、
年間75000冊以上も発行されるという本の中から、
子どもたちの感性を刺激し、
大人も一緒に楽しめる本を厳選してご紹介いたします。

vol.1

2018.10.19

美しいこと 美しいこと

アイスクリームが溶けてしまう前に
小沢健二と日米恐怖学会
¥1,512

日本でもすっかり浸透しつつあるハロウィーン。本場アメリカではこの日をどんな風に過ごすのかをユーモアたっぷりに描いた本がこちら。副題〈家族のハロウィーンのための連作〉のとおり、アメリカでのハロウィーンは家族ぐるみで楽しむものだということがよく分かります。

美しいこと 美しいこと

夜の木
シャーム、バーイー、ウルヴェーティ
¥8,316

神が住むと言われている木、うたの木、永遠の愛が形になった木など、樹木を巡る神話的な世界が描かれた絵本です。出版しているのは、美しい本を数多く世に送り出している、南インドのチェンナイにあるタラブックス。手漉きの紙を作るところからはじまり、印刷から製本まで全ての工程がハンドメイドで作られています。ボローニャ・ブックフェアでラガッツィ賞受賞。

美しいこと 美しいこと

ぐるぐるちゃん
文・絵/長江 青構 成/菊地 敦己
¥864

りすのぐるぐるちゃんとお母さんが、秋の森でどんぐりひろいをするお話です。できるだけたくさん運ぼうと、体のあるところにどんぐりをしまい込もうとする様子がとてもキュート。ファッションブランドmin perhonenの創設メンバーである長江青さんが文と絵を担当、アートディレクターの菊地敦己さんが構成を手がけた一冊です。

美しいこと 美しいこと

あたしの すきなもの、なぁんだ?
文/バーナード・ウェーバー 絵/スージー・リー 訳/松川 真弓
¥1,512

鮮やかな赤や黄色に彩られた木々や草花の間を抜け、地面を覆う落ち葉を踏む。時にその上に寝転びながら、仲良く散歩するパパと女の子。「あたしのすきなもの、なぁんだ?」「すきなものはなに?」という女の子とパパのやりとりが可愛らしく、リーのイラストが美しい。少し肌寒くなる秋にぴったりなあたたかい絵本です。

幅允孝

幅允孝(はば・よしたか)

有限会社BACH(バッハ)代表。ブックディレクター。未知らぬ本を手にしてもらう機会をつくろうと、本屋と異業種を結びつける売場やライブラリーの制作をしている。最近の仕事として「ISETAN The Japan Store Kuala Lumpur」書籍フロア、「Japan House São Paolo」など。その活動範囲は本の居場所と共に多岐にわたり、編集、執筆なども手掛けている。著書に『本なんて読まなくたっていいのだけれど』、『DESIGN IS DEAD(?)』(監修)など。 早稲田大学、愛知県立芸術大学非常勤講師。
www.bach-inc.com