grow with BOOKS grow with BOOKS

選書のテーマは3つ。
「美しいこと」「しぜん」「毎日のこと」。

ブックディレクターの幅允孝(はば・よしたか)さん
選書のパートナーに迎え、
年間75000冊以上も発行されるという本の中から、
子どもたちの感性を刺激し、
大人も一緒に楽しめる本を厳選してご紹介いたします。

vol.4

2018.12.26

美しいこと 美しいこと

ぜったいに おしちゃダメ?
作/ビル・コッター
¥1,058

この絵本にひとつだけあるルール…それは、このボタンを絶対におしてはいけないということ。でも、なぞのモンスター、ラリーが「おしちゃおうか?おしちゃおうよ」と何度もそそのかしてきます。誘惑に負けてついにボタンをおしてしまうと……?「やるな」と言われたらついついやりたくなってしまう、子供の好奇心をがっしりと掴む親子で楽しめる絵本です。

美しいこと 美しいこと

雪の女王
作/ハンス・クリスチャン・アンデルセン 絵/サンナ・アンヌッカ 訳/小宮 由
¥2,808

アンデルセンの不朽の名作を、小宮由さんの新訳と、心揺さぶられる美しいイラストで仕上げた物語絵本です。イラストを手がけたのは、マリメッコのデザイナー サンナ・アンヌッカ。  北欧のテキスタイルのような美しい文様が魅力的です。

美しいこと 美しいこと

360°BOOK 雪降る森
大野 友資
¥2,700

建築家の大野友資さんが手がけた「360°BOOK」は円弧状にページを開くと立体のジオラマが現れ、三次元の繊細な世界が広がる、今までになかった新しい形の美しい本です。舞台は雪が降り積もる静謐な森。中央のもみの木の周りには、動物たちが集まっています。

美しいこと 美しいこと

ゆきのひ
文・絵/エズラ=ジャック=キーツ 訳/きじま はじめ
¥1,296

ストーリーは、主人公ピーターのある雪の日の1日を描くとてもシンプルなもの。積もった雪の上に足あとをつけて歩いてみたり、雪だるまを作ったり。ピーター少年のわくわくした気持ちがまっすぐに伝わってきます。色調豊かな貼り絵が効果的な、心に残る美しい絵本です。1963年にコールデコット賞に輝いた作品。

幅允孝

幅允孝(はば・よしたか)

有限会社BACH(バッハ)代表。ブックディレクター。未知らぬ本を手にしてもらう機会をつくろうと、本屋と異業種を結びつける売場やライブラリーの制作をしている。最近の仕事として「ISETAN The Japan Store Kuala Lumpur」書籍フロア、「Japan House São Paolo」など。その活動範囲は本の居場所と共に多岐にわたり、編集、執筆なども手掛けている。著書に『本なんて読まなくたっていいのだけれど』、『DESIGN IS DEAD(?)』(監修)など。 早稲田大学、愛知県立芸術大学非常勤講師。
www.bach-inc.com