grow with BOOKS grow with BOOKS

選書のテーマは3つ。
「美しいこと」「しぜん」「毎日のこと」。

ブックディレクターの幅允孝(はば・よしたか)さん
選書のパートナーに迎え、
年間75000冊以上も発行されるという本の中から、
子どもたちの感性を刺激し、
大人も一緒に楽しめる本を厳選してご紹介いたします。

season5

vol.1

2019.09.26

美しいこと 美しいこと

ねえさんといもうと
シャーロット・ゾロトウ、酒井 駒子
¥1,430

アメリカの児童文学家で詩人でもある、シャーロット・ゾロトウの絵本を、酒井駒子が再訳しました。面倒見のいい「ねえさん」と
幼い「いもうと」の、心があたたかくなるお話です。ひとりで家を出て草むらに隠れた「いもうと」を見つけ出せない「ねえさん」は・・・。酒井さんの繊細で美しい絵がお話を引き立てます。
子供はもちろん、大人にもおすすめできる絵本です。

美しいこと 美しいこと

おおかみの おなかの なかで
ジョン クラッセン、マック バーネット、なかがわ ちひろ
¥1,870

世界中で大人気の絵本作家マック・バーネットとジョン・クラッセンがタッグを組んだユニークな絵本です。主人公は、おおかみにぱくっと食べられてしまったねずみ。彼は、おおかみのおなかの中であひるに出会います。二匹は、お昼ごはんを作ったり、レコードをかけて踊ったり、やりたい放題!ある日、おおかみを狙った狩人に対して取った二匹の行動とは?

美しいこと 美しいこと

エリック
ショーン・タン、岸本 佐知子
¥1,100

オーストラリア出身のイラストレーター・絵本作家として活躍するショーン・タンが紡ぐ優しいお話。
交換留学生としてホームステイにやってきたエリックに、ぼくと家族はいろいろなおもてなしをしようとしますが、エリックが興味をもつのは、「地面に落ちている小っちゃなもの」ばかり。
そんなエリックが残していった小さくて素敵なものとは・・・。
心が温かくなる、プレゼントにも最適な絵本です。

美しいこと 美しいこと

ことばのかたち
おーなり 由子
¥1,320

絵本作家 おーなり由子が贈る「ことば」の絵本。
「話すことばが目に見えたら」という投げかけではじまる、
「ことば」について深く考えさせられる一冊です。美しい言葉を花に例え、それがどのような花か想像したり、傷つけることば、だいじな忠告のことば、愛のことばの形を考えてみたり。
「ことば」の大切さに気づかせてくれる、
子供にも大人にもおすすめしたい作品です。

幅允孝

幅允孝(はば・よしたか)

有限会社BACH(バッハ)代表。ブックディレクター。未知らぬ本を手にしてもらう機会をつくろうと、本屋と異業種を結びつける売場やライブラリーの制作をしている。最近の仕事として「ISETAN The Japan Store Kuala Lumpur」書籍フロア、「Japan House São Paolo」など。その活動範囲は本の居場所と共に多岐にわたり、編集、執筆なども手掛けている。著書に『本なんて読まなくたっていいのだけれど』、『DESIGN IS DEAD(?)』(監修)など。 早稲田大学、愛知県立芸術大学非常勤講師。
www.bach-inc.com